癒しの店として、 地元、吉野産にこだわった 素材本来の味を生かした 手作りの菓子

「芳魂庵」の名前の由来は 『花の精』。 精霊が宿る店として 自然の風景などを 大切にしています。 日本むかし話に出てくるような 山の上にある ほっこりした古民家で、 レトロな(昔の)小物や道具が 店の空間に溶け込んだ、 懐かしく落ち着く店です。

芳魂庵の特徴

ちゃつぼアイコン
  • 調理中のイメージ画像
  • 抹茶をたてているイメージ画像
  • 草もちを作っているイメージ画像
  • テラスのイメージ画像
ちゃつぼアイコン
芳魂庵は、自然の風、自然の香りを体感できる様に風通しが良く、テラスから四季の風景を満喫できます。美味しいお菓子とお茶で心も体も「ほっ」と癒され、自然と笑顔がこぼれるお客様。山々の景色、雄大な大空、解放感溢れる空間をお楽しみください。

お客様が笑顔に

芳魂庵は、自然の風、 自然の香りを体感できる様に 風通しが良く、 テラスから四季の風景を 満喫できます。

美味しいお菓子とお茶で 心も体も「ほっ」と癒され、 自然と笑顔がこぼれるお客様。

山々の景色、雄大な大空、 解放感溢れる空間を お楽しみください。

芳魂庵の特徴

小豆や大豆は吉野の気候が最高の味を生み出します。吉野産にこだわり、特に美味しい豆を作っている農家と契約しています。
                  小豆は毎朝炊いて餡としてお菓子に使用、きな粉は大きいな粒の大豆を時間をかけて炒り、挽いて粉にしている芳魂庵特製のきな粉です。
  • あずきのイメージ画像
  • 草もちを作っているイメージ画像
  • くずきりを切っているイメージ画像
  • 呼び鈴のイメージ画像
芳魂庵のアイコン

芳魂庵のこだわり

小豆や大豆は 野の気候が 最高の味を 生み出します。

吉野産にこだわり、 特に美味しい豆を作っている 農家と契約しています。

小豆は毎朝炊いて 餡としてお菓子に使用、 きな粉は大きいな粒の大豆を 時間をかけて炒り、 挽いて粉にしている 芳魂庵特製のきな粉です。

芳魂庵について

店名 ちゃつぼ芳魂庵
TEL 0746-32-8207(代)
FAX 0746-32-8207
MAIL houkonan@kcn.jp
所在地 〒639-3115
奈良県吉野郡吉野町吉野山550
Google Mapを見る
画像のタイトル

芳魂庵について

画像のタイトル
芳魂庵の地図
芳魂庵の地図

お知らせ

お知らせ

2018年10月24日芳魂庵からの休日のお知らせ

申し訳ございません。11月11日(日)、12月2日(日)、12月24日(月)を休ませていただきます。

2018年10月24日芳魂庵からの休日のお知らせ

申し訳ございません。11月11日(日)、12月2日(日)、12月24日(月)を休ませていただきます。

2018年1月19日英語版サイトオープンのお知らせ( We ...

1月19日(金)に英語版ウェブサイトがオープンしました。   この度、海外のお客様にもご覧いただける様に、英語版ウェブサイトをオープンしました。     英語版サイトはこちら http://続きを読む

ブログ

2018年1月9日 | おすすめ

芳魂庵のおすすめ吉野の木地師

 

  吉野の地で杉、ヒノキの材料を使い、茶碗、、盆などをつくっている。 工房アップルジャック 連絡先   0746-53-2443  

フッターの画像